<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ジグロは何故逃げたのか? | main | 透ける月 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

* * - * - *
大人になるということ
今回のことに関する雑感です。一応たたんでおきます。

前回のときもそうでしたが、とりわけ今回は義務教育中の子供さんに関わるということで、心配が先に立ちます。
いやまあそりゃ罵詈雑言投げつけられたら感情は負の方向にいきますが、もっと自分を大事にしてあげたらいいのになぁとつくづく思うのです。……いや、彼らは彼らで自分大事にしてるつもりなんでしょうが、振り向ける方向が外れてるわけで。

大人になるってことは、下の世代ができるってことです。いや別に生まれたて乳児でもなきゃ下はいますが、育てる側に回ると言うか。
大概の生物であれば、それは自分のDNAを残す=子供を産むこととほぼイコールなわけです。でも例えばアリとか、社会を構成する生物になるとちょっと違ってきます。働きアリは生殖能力がありません。エサを狩り縄張りを守り、女王が産んだ妹たちと一部の弟たちを育てることが、アリにとっては種の存続につながります。進化の上で獲得した生存競争を勝ち抜く戦略なのです。

人間も、社会を構成します。働きアリと違って実際子供産む手もありますが、なまじ脳みそが発達しちゃった分話がちょっと複雑。アリは育てばほぼ勝手に社会に適応しますが(2割落ちこぼれがいるらしいですが/笑)、人間だとそうもいきません。社会システムの維持には、自分の子供さえ守ってりゃいいわけじゃなく、次世代全般のケアが必要、でないと(極論ですが)人間種の衰退、もっと言うと絶滅に向かっていくのです。

というわけで、まだまだひよっことはいえ大人の一員に数えられる自分です。子供が間違ったらどうすべと思います。つーか思えるようになったってことが大人になったってことなのか。卵とニワトリですが。

怒っているのじゃなくかの子の未来が心配です。今はしぶしぶの謝罪でも、大きくなって、そのうち「やっべあの時すげーことしちまったぎゃああ恥ずかしい! マジすんません!!」と思ってくれるようになるなら、そのきっかけになるなら許すも許さないもないのです。自分だってそうやってここまで来て、未だにあちこち色々迷惑かけてるわけですし。
ただそれをどうやって伝えたらいいのかがわからない……伝わるかなぁ伝わって欲しいなぁ。
卵をチャグムが守り、チャグムをバルサやシュガや狩人が守り、バルサをジグロやタンダやカルナが守り、そのジグロを守ったであろう人もいて、そうして連綿と連なる守り人の存在が、今ナヨロ半島に住むたくさんの命を守ろうとしているのと、おんなじことなんだけど。


……そう思うとアニメチャグムは出来が良すぎるなぁ。子供から見ると共感しにくいかも。ドラえもんだって出来杉君じゃなくてのび太が主役だし。

うーん、まぁ簡単に答が出ることでもないんで、ここは苦労するしかないですね。とはいえ自分の抱えてる苦労など大したことない……先生すみません、ホントお疲れさまです頑張ってください(ここで言っても)
* 01:47 * comments(0) * trackbacks(0) *
スポンサーサイト
* 01:47 * - * - *
 コメント
 コメントする









 この記事のトラックバックURL
http://ikaitanhow.jugem.jp/trackback/96
 トラックバック